ほうれい線を解消する3つのポイント

MENU

ほうれい線が気になる方へ

ほうれい線に悩む女性はかなり多くいらっしゃるのではないでしょうか?
確かに、ほうれい線があるのとないのとでは5歳は違って見えてしますよね。

 

人の肌の再生能力は25歳を過ぎたあたりからガクッと下がってしまうと言われています。
今回はそんな方の悩みを解消するためのいくつかのポイントをご紹介したいと思います!

 

POINT.1 たっぷりと保湿する

肌ケアの基本はなんとやはり言っても「保湿」ですね。
寝る前にたっぷり保湿を行い、優しくマッサージを行う事でほうれい線はみるみる薄くなっていきます。
マッサージ方法については後ほど詳しくご紹介したいと思います。

 

 

POINT.2 ビタミンをしっかり摂る

「ビタミン」と言ってもさまざまあります。
簡単なビタミンの違いは以下の通りです。

 

・ビタミンA
⇒肌の酸化防止、老化防止の役割をします。
また、活性酸素を抑制する働きがあります。
<ビタミンAを多く含む食べ物>
トマト、カボチャ、牛乳、ニンジン、レバー

 

・ビタミンC
⇒酸化防止作用やシミを防ぐ働きをしてくれます。
ビタミンCはたばこを吸うと破壊されやすいので、喫煙される方は意識的に摂取するようにしましょう。
<ビタミンCを多く含む食べ物>
赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、アセロラ

 

・ビタミンE
⇒血行を良くする効果があります。
血行が悪いと老廃物が上手く排出されません。
<ビタミンEを多く含む食べ物>
いくら、たらこ、大根、カボチャ

 

 

POINT.3 毎日3分間マッサージ

始める前に、クリームやオイルで指のすべりを良くしておきましょう。
肌が乾燥した状態ですと肌の表面をキズつけてしまい、かえってシワになってしまうことがありますのでご注意ください。

 

それでは始めましょう。

 

①両手の人差し指と中指で口とあごの間を軽く押してください。
そのまま指を顔の上にずらしていきます。
※ほうれい線→鼻の付け根→目の下

 

②指を顔の外側にずらしましょう。
※目の下→ほお骨→耳のあたり

 

③耳元まで指が来ましたら、今度は下に指を動かしていきます。
そのままゆっくりと鎖骨の内側まで動かしてください。
※耳元→鎖骨の内側

 

④最後に鎖骨の内側から鎖骨の外側へ。

 

この①~④を一日三回繰り返してください。
このマッサージはリンパを刺激し、リンパの流れを促進させ、顔に滞っている老廃物は排除する、というものです。
顔は老廃物が蓄積されやすいので、このように老廃物を外に押し出す必要があります。

 

また意識的に頬を膨らませたり、しぼませたり、といった顔を動かすことも日常で意識的におこなってみましょう。
たった3分間ですが毎日続けることが大事ですので、寝る前やお風呂の時などに行うなどの習慣をつけてみるといいでしょう。
是非試してみてください。
普段から正しい姿勢でいることも大事なので意識してみましょう。